靭帯性外反母趾B

外反母趾の一つ、靭帯性外反母趾。この靭帯性外反母趾になった場合、身体にはどのような影響があらわれるのでしょうか?


外反母趾は5つのパターンに分かれると考えられています。そのうちの一つが、靭帯性外反母趾です。ではこの靭帯性外反母趾になった場合、身体にはどのような影響があらわれるのでしょうか?


靭帯性外反母趾になることによって身体にあらわれる症状としては、足の指や足関節の痛みが挙げられます。足の指が曲がってしまう病気ですから、いわば当然のことかもしれません。しかし靭帯性外反母趾の人は、他にもすねにはりやしびれ、むくみを覚えたり、足の長さが左右でかわってしまったり、骨盤のずれ、側湾症などの症状を訴えることがあります。
またこういった下半身の症状だけではなく、顎の関節に症状が出たり、歯の噛み合わせがおかしくなってしまったり、肩こりや偏頭痛に悩まされる人もいるのです。


このように、靭帯性外反母趾は見た目は足の指にあらわれるものですが、何も足だけに痛みや不調の症状があらわれるわけではありません。その理由は、靭帯性外反母趾になってしまった場合の歩き方にあります。
靭帯性外反母趾になってしまった人は、正しい蹴り方で歩くことが出来ません。足の指が外側に曲がっていることから、無意識のうちに足の先が外へ向くような歩き方になってしまいます。この、通常ではない不自然な歩き方が問題。こういった身体に負荷がかかる歩き方を続けていると、過労が蓄積した場所に痛みがあらわれるのです。