靭帯性外反母趾A

外反母趾の一つ、靭帯性外反母趾。これは、足の力が不足した状態でヒールなどの靴を履くことによって起こりやすくなります。


外反母趾は5つのパターンに分かれると考えられています。そのうちの一つが、靭帯性外反母趾です。この靭帯性外反母趾は、足の力が弱まったために、親指が小指側に曲がってきます。


足裏が弱ることにより、まず親指が力に力が入らなくなってしまいます。そんな状態で先が尖ったパンプスやヒールをはくとどうなるでしょう?先が細く、かつヒールでかかとが高い靴は弱まった足を外反母趾にしてしまう大きな二次的要因となってしまいます。


足の力が弱まった状態でヒールなどをはくと、足に力を入れて歩くことよりも、靴が脱げないようにすることに意識がいきます。ヒールなどをはくと、無意識のうちにでも足の指を縮めたりあげたりします。このように靴が脱げないようにしながら歩くことで、弱まった足は靴に合わせて外側へと反っていきます。


外反母趾は5種類ありますが、その中でも靭帯性外反母趾は整地された道など、現代において身の回りの環境が良くなるにつれて逆に足、特に足裏への刺激が不足して足が弱まり、さらに健康よりもファッションを優先して先細の靴や高いヒールをはくことが二次的な要因になって進行してしまうのです。靭帯性外反母趾にならないようにするためには、ヒールなどを二次的な要因を避けることも重要ですが、まず足裏の力を弱まらせないことが大切だと言えます。