予防運動

外反母趾になる原因は足の力が弱ることにあります。ですので外反母趾を予防するには、足の力を鍛えることが効果的だと考えられます。


外反母趾になるのは、足の裏の靭帯など足の力が弱ることに原因があります。つまり外反母趾にならないようにするには、まず足の力を弱くならないようにするのが効果的だと考えられます。


こういった指の運動のひとつに、拘縮予防というものがあります。これは、外反母趾のように足の指が曲がってしまった状態、そのままの位置で固まってしまう、硬くなってしまうのを防ぐための運動です。拘縮予防運動はお風呂の後身体や関節が温まっている状態で行うのが効果的です。


拘縮予防運動のひとつには、自分の手で親指を動かす運動があります。自分で足の親指をつかみ、内側に押します。自分でリズムをとりながら、足の親指を動かしてみてください。


他にもホーマン体操と呼ばれる拘縮予防運動があります。
これは、ゴムバンドが必要となります。幅の広いものを用意するようにしてください。このゴムバンドを両足の親指にひっかけて運動します。ポイントは、かかとをしっかりとくっつけておくこと。かかとをくっつけ、親指にゴムバンドをつけた状態で両足を開きます。扇のように広がっていれば正しい形です。5秒から10秒間、このままの形で静止します。親指が開いている状態になっていると思います。そして時間が経つと、足の力をゆるめます。この運動20回を1セットとして繰り返してください。