ハイヒールの選び方

外反母趾の予防のためには足に負担のかかりやすいハイヒールなどは避けるべき。しかしどうしてもヒールのある靴を履きたい場合は、ポイントをおさえたものを選ぶ必要があります。


外反母趾にならないためには、ハイヒールなど足の指に負担がかかる靴は避けるべきです。しかしどうしてもオシャレの一環としてヒールを履きたい場合などは、ポイントをおさえた靴選びをする必要があります。


ハイヒールを選ぶときには、親指と小指のつけねを結んだ足の周りがぴったりとしたものを選んでください。この部分は多少きつくても良いのですが、きつすぎても逆にゆる過ぎても外反母趾を招く要因になります。この部分がぴったりであり、かつ足の指が自由に動く状態の靴は外反母趾の予防になると考えられます。
このポイントは、ヒールのない靴であっても外反母趾予防には重要な部分です。あと靴の形状としては、甲の部分が深いものを選んでください。足の指よりも深いものを選ぶ必要があります。


外反母趾になりにくいヒールの靴を選ぶには、材質もきちんと見ておく必要があります。
革がやわらかいものは足にかかる負担を減らします。なお、親指のつけねの部分に負担をかけないために、この部分に縫い目などがないこともしっかりと確認しておきましょう。

さらに中張りの部分も見ておいてください。足が前に滑る靴は指に負担がかかりやすくなります。足が前に滑らないような材質が中張りに使われている靴を選ぶようにしましょう。


最後に、こういった靴を選ぶためには実際に履く必要がありますが靴を選ぶ時間も重要なポイントです。人間の足は時間によって大きさが変わります。朝よりも夜のほうがむくんでいるのです。ですので、むくんだ時間帯、夜に選んだ靴のほうが足に負担をかけずにすむのです。