ハイヒールの選び方@

外反母趾の予防には出来るだけヒールのある靴は避けた方が無難です。しかしどうしてもヒールを履きたい、というときは出来るだけヒールのあるものでも外反母趾になりにくい靴を選んで履くようにしましょう。


外反母趾の予防法として、外反母趾になる遠因となるハイヒールなどの靴を避けることがあげられます。しかし場所によってはヒールのない靴よりももっとオシャレな靴を履きたいと思うもの。出来るだけハイヒールのような靴は避けるべきであることには変わりないですが、外反母趾になりにくいというポイントをおさえた上で選んだヒールのある靴をはいてみてください。


まず、ヒールに関するポイントですが、ヒールは低めのものを選んでください。3センチ以下が望ましいですが、それでは物足りないという方でも5センチ内におさめてください。そういった高いヒールを選ぶ場合は、ヒールの太さに着目してください。高いヒールのものならば太いヒールを選ぶ必要があります。ですので、高いピンヒールは外反母趾予防にはもってのほかということですね。


靴の形状としては、足首ストラップがついているものを選ぶと良いでしょう。足首ストラップがあることで、少しは足の裏にかかる負担が軽減されます。また、出来るだけ形は三角形のような尖ったものではなくスクエアの形を、靴の先端は中指寄りのものよりも親指の方に寄っているものを選んでください。
形として重要なのは、親指や指の部分だけではありません。外反母趾の予防をするならば、かかとから土踏まずまでのかたちがしっかりとしている靴を選んでください。そういった形の靴のほうが足の指にかかる負担が少なくなり、外反母趾の予防効果があると考えられます。