外反母趾の症状A

外反母趾は症状によって4つの区分に分けられます。進行期や終末期に入ると完全に変形を元に戻すのは難しくなってきます。


外反母趾の症状は、その進行具合によって大きく4つに分類されます。どんな病気でもそうですが、出来るだけ早く病状に気づき、早めに適切な処置を取ることが必要です。


比較的症状の軽い可逆期、関節が固まる拘縮期に入っても処置をせずにそのままにしておくと、さらに症状が進行します。その名も進行期、と呼ばれる区分の状態になると、何もしていなくても親指の反りは進行してしまいます。日常生活立つことは多くありますが、この進行期に入ってしまうと、ただ何もせずに立っているだけで病状が悪化し、親指はますます外側に向けて曲がっていきます。この頃は憎悪期とも呼ばれます。


最後の終末期になると、完全に親指が外側に反る状態が見て取れるようになります。通常は親指と他の指が重なることなどありませんが、外反母趾の病状が悪化し、終末期に入るまでになると親指が他の指に重なってしまう状態にまで反りは進行します。
親指の関節はあるものの、外れて脱臼してしまったように見えるのがこの終末期です。ここまで来るともちろん自分の手には負えないでしょう。専門家による適切な治療が必要だと考えられます。

このような進行期や終末期に入ってしまう前に、自分の足の指が外側に反っている、または足の指に痛みを感じるようであれば、病院へ行って専門家の判断を仰ぐようにしましょう。