病変性外反母趾

外反母趾の一つに、病変性外反母趾があります。この病変性外反母趾は病的な要素、怪我や事故によってなる外反母趾です。


外反母趾は5つのパターンに分かれると考えられています。そのうちの一つが、病変性外反母趾です。病変性、とあるように、何かの病気や事故が原因となって引き起こされる外反母趾です。


たとえば、リウマチなどの病的な要素や、怪我、また事故などによってこの病変性外反母趾は発症します。このような病気や怪我、事故が原因となるために、激しく変形していることが特徴です。変形だけでなく脱臼してしまっていることも多く、そのままでは治療できないのが現状です。形を元に戻す、治すためには手術が必要となりますが、この手術も成功率が低いという難点があります。


リウマチやへバーデン結節という病的な要素が原因で症状があわられている場合は、テーピングなどで適切に固めておくと異常な変形を止めることが出来ると考えられます。誤った固め方ではなく正しい固め方をまず処置してもらい、自分で続けていくと良いでしょう。

なお、へバーデン結節とは変形性関節症の一つです。中年以降の女性に多く見られ、指の第一関節に近くが腫れたり、手の指先が変形してしまうなどの症状が見られます。一般的には手にしかあらわれない病気と考えられていますが、足の親指にあらわれた場合は深刻な外反母趾になってしまう可能性があるのです。