ハンマートゥ性外反母趾

外反母趾の一つ、ハンマートゥー性外反母趾。この外反母趾は先天的な原因によってなる外反母趾だと考えられています。


外反母趾は5つのパターンに分かれると考えられています。そのうちの一つが、ハンマートゥ性外反母趾です。聞きなれない言葉ですが、これは足の先が正常な状態よりも上の方向へ向いていたり、まるでハンマーに見えるような縮み方をしている場合を指す外反母趾です。


このハンマートゥ性外反母趾の主な原因は、先天的なものであると考えられています。生まれつきこのような外反母趾になりやすい特徴がある場合、このハンマートゥ性外反母趾になるといわれます。

たとえば生まれつき指がまるでハンマーのような形であったり、足先が上を向きすぎていたりするとこのハンマートゥ性外反母趾になってしまいます。このハンマートゥ性外反母趾になってしまった場合は足の指がかなり弱弱しいように見えるので、見た目からもすぐにわかるようになります。

このハンマートゥ外反母趾になった場合、足の指が異常に浮いてしまいます。また足の指が縮こまってしまっているために、その足の指の付け根の部分に影響が出てきます。足の指の付け根の部分の幅が広くなり、その部分の皮膚も足の指をしっかりと使うことが出来ずに負荷が大きくなるために厚くなってしまいます。地面からの衝撃を吸収するクッションの機能が著しく低下するために、少し運動しただけでも痛みが出ます。