仮骨性外反母趾A

外反母趾の一つ、仮骨性外反母趾。この仮骨性外反母趾になる大きな原因は歩き方にあると考えられます。


外反母趾は5つのパターンに分かれると考えられています。そのうちの一つが、仮骨性外反母趾です。この仮骨性外反母趾は、足の親指の付け根が出てくる外反母趾です。その原因は、親指の付け根部分を過剰に打ちつけすぎることにあると言われています。


足の付け根を打ちつける、といっても、実際に何かにぶつけているというわけではありません。ものにぶつかったりすることも多少はあるでしょうが、それよりも問題なのは日常的に親指の付け根に過重がかかることです。

たとえば、歩くときに指をあげて歩いていると、母趾球部と呼ばれる親指の付け根を強く打ち付けることになります。癖でそういった歩き方をする人もいます。また、女性では先端の細いヒールやパンプスが脱げてしまわないように指を使わずに指の付け根を使って歩く人もいます。癖でも靴の問題でも、どちらにせよ、そういった歩き方をするということが仮骨性外反母趾を招いてしまいます。


自分の歩き方がどういったものかわからない、という人は足の指の付け根を一度見てみると良いかもしれません。そういった問題のある歩き方をしている人は、母趾球部にタコが出来ていたり、皮膚が厚くなっている場合が多いと考えられます。仮骨性外反母趾にならないためには、そういった足になってしまわないよう、足の指をしっかりと使って歩く習慣をつける必要があります。