外反母趾について

外反母趾という病気を聞いたことがあるでしょうか?外反母趾とは、足の親指が変形してしまう病気なのです。


外反母趾という病気をご存知でしょうか?
外反母趾は、女性が特になりやすいといわれる足の病気です。特に足の親指が変形して曲がってしまう状態のことを指します。このとき、曲がる方向は小指の方で、体の中心から見ると親指が外側に向かって曲がっているように見えます。つまり中心から見て、外側へと反ってしまっている状態です。その形状から、「外反母趾」と呼ばれます。


体重を支える役割をする足は負担がかかりやすい場所でもあります。外反母趾はその多くが中足関節の靭帯、足の横のアーチを作る人体が緩んで足や指の機能が低下し、そこがハイヒールをはじめとする履物に締め付けられる形で変形していくことによって起こると考えられます。足が弱った状態で足に合わない靴を履いていると、足の形が靴型へと変形してしまうのです。


外反母趾になりやすい靴は、かかとの高い靴や、先端の細い靴だと言われます。ですので、ハイヒールを長時間はく女性は特になりやすいと考えられます。ただし女性だけではなく、男性や子供にも症例は見られますので、必ずしもハイヒールのような靴をはいているからなるというわけではありません。あくまで足や足の指が弱った場合になる可能性のある病気なのです。

外反母趾になってしまうと、ただ親指が反るという見た目だけの問題ではなく、症状が進むにつれて立ったり歩いたり立ち上がるたびに痛みを感じるようになってしまいます。