靴選びのポイントB

外反母趾の予防において靴の選び方は非常に重要です。ポイントをおさえて自分に合った靴を選ぶようにしましょう。


外反母趾は親指が身体の中心から見て外側に曲がってしまう病気。外反母趾の二次的な要因と挙げられるのは、普段はく靴にあります。普段どのような靴を選んで履くかによって、外反母趾になる可能性を随分と減らすことが出来るのです。


普段履く靴が重要としましたが、値段が高ければ良いというものではありません。靴選びで重要なのは、自分の足に合った靴を履くことです。ですので靴は見た目だけで決めるのではなく、自分の足に合うかどうか履いて確かめてみる必要があります。履いたときに確かめるポイントがいくつかあるので、それを参考にして靴を選んでみてください。


ポイントは、靴の長さです。ジャストサイズよりも少し大きめの、かかとに小指を入れられるぐらいの大きさのものが良いでしょう。また靴先で指を自由に動かせることも重要なポイントです。実際に履いてみて、自由に動くかどうかを確認してみましょう。また趾のつけ根の部分にしっかりとした幅があるか、きつくないか、ということもポイントです。

趾以外のところでは、靴の先端が内側を向いている、内側に寄っていることも外反母趾を予防する靴だと言えます。ヒールがある靴の場合、足が前に滑らないぐらいのヒールの高さにおさえるようにしましょう。

これらのポイントを押えた上で、自分の足に合った靴を選び外反母趾予防に努めましょう。