靴選びのポイントA

外反母趾を予防するためには普段履く靴の選択は非常に重要です。ただしただ幅広の靴を履くと外反母趾予防になるかといえば、必ずしもそうとは限りません。


外反母趾は親指が身体の中心から見て外側に曲がってしまう病気です。外反母趾の二次的な要因として、普段はく靴の影響が挙げられます。どういった靴が外反母趾になりやすいかを知った上で、そういった靴を選ばないようにするのも外反母趾予防には重要と言えます。


まずは、先が細い靴は大きな問題です。ここで言う先が細い靴は指の先端が入る部分が細くて狭い靴のことです。このような靴は、指を動かす部分が狭いために足の指に大きな負担がかかります。この負担は、外反母趾を招く要因となります。


外反母趾と言えば指のつけねの部分が重要だと考えやすいものですが、指のつけねの部分がきついだけでは外反母趾になりやすいとはいえません。指のつけねの部分が多少きつくても、足の指がしっかりと、自由に動かせるような靴であれば外反母趾になる心配はありません。


外反母趾には幅が広い靴の方が良い、広くてゆったりしていればいるほど良い、と考えられがちですが、ある意味ではこの考えは間違いです。足の指のつけねの部分がゆるすぎると、外反母趾になっていない人でも外反母趾になってしまったり、既に外反母趾になっている人が予防のために履いていてもさらに症状が進行してしまう可能性があります。ただ幅が広い靴を選ぶのではなく、足の指のつけねの部分が合っているもの、もしくは少しきつく感じるぐらいのものの方が外反母趾予防には良い靴だと言えます。