靴選びのポイント@

外反母趾になる直接の原因は足が弱ることですが、普段はく靴は二次的な要因として影響します。どういった靴が外反母趾になりにくいか把握して靴選びをすることをおススメします。


外反母趾は親指が身体の中心から見て外側に曲がってしまう病気です。
外反母趾になる大きな要因は足にある靭帯が弱ることですが、外反母趾の二次的な要因として大きいのは、普段はく靴にあります。ですので、外反母趾を予防するためには適切な靴を選び、適切な履き方をする必要があります。


たとえば、普段の買い物や通勤など歩く距離が長かったり履いている時間も長くなる場合、出来るだけ楽な靴をはく必要があります。
具体的には幅が広い靴、特に指の部分に余裕がある靴にしてください。スニーカーか、3センチ以下であればヒールのある靴でも良いでしょう。外反母趾には悪影響だと考えられるハイヒールは出来るだけはかないようにしなくてはなりません。どうしてもはきたいという場合ははく時間が短くするよう、バッグなどに入れて必要なときに履き替えるようにしてください。その時のヒールの高さも出来るだけ短いものにする方が良いでしょう。

自宅内では、スリッパをはくよりも草履型のサンダルを履くと外反母趾の予防になると考えられます。鼻緒のある形の靴は足の指を開き、外反母趾の予防作用を期待できます。最近注目されている5本指スリッパもそれぞれの足の指を開く作用があるので、外反母趾には効果的だと考えられます。